事例FUNtoFUN様

自社クライアントの求人+Crowd Agent 求人を提案し、内定数が25%アップしました!

FUNtoFUN株式会社様

クラウドエージェントを導入してよかったことは、1人の候補者に複数の求人の提案ができるようになったことでした。

FUNtoFUN株式会社様

面談時の複数求人提案は、候補者からの信頼度アップにつながる!

弊社は求人自体は多く保有しているので、求人に困っていたと言うわけではなかったのですが、担当している企業や職種にバラつきがあったんです。そのため対応できるポジションの幅は広かったものの、1人の求職者に提案する求人数は十分とは言えず、残念ながらご縁を繋げることができないこともありました。

もう少し提案する求人に厚みを持たせたい。1人の求職者で複数ポジション選考に進んでもらい、可能性を広げてあげたい。そのためにはマンパワーで企業開拓をする工数を考えると、クラウドエージェントを使った方が早いなと思い、すぐに利用を決めました。

クラウドエージェントを利用してからは、自社の求人とあわせてクラウドエージェントの求人も面談時にご紹介することができるようになったので、候補者の選択肢を広げることが可能になりました。面談時に複数の提案ができることで、候補者からの信頼度もアップしますし意向度もあがるようになったと思います。

今では弊社がご紹介した候補者の内定は、全体の20%がクラウドエージェント経由です。逆にクラウドエージェントを利用していなかったらこの20%はご縁をつなげられなかったことになるので、本当にありがたいなと思っています。

地方求人と地方勤務希望の候補者をクラウドエージェントで繋ぐ

中小の紹介会社だと、集客活動や面談などの候補者対応をしながらクライアントをフォローする「両面型」になることはやむを得ないのですが、どうしても工数に限界があります。そのため、自社に多くの求人があっても深く付き合えるのは数社程度。人材紹介業のビジネスモデルでは、人員を増やせば必ずしも売上があがるとは限りません。それであれば、人員を増やして保有している求人を整えることよりも、常に情報が更新されているクラウドエージェントの求人を提案することの方が、私たちのような中小の紹介会社には合っていると思います。

また、クラウドエージェントには地方の求人が多くあることも嬉しいですね。 地方の方からエントリーがあった時、自社にある求人では補えないのでご紹介すら難しいのですが、最近では電話面談を活用しながら、積極的にクラウドエージェントの地方求人をご紹介しています。 今後も地方求人には積極的に取り組んでいきたいですね!

FUNtoFUN株式会社

営業職や、人事・経理などのバックオフィスを中心に、若手からミドルクラスまで幅広くご支援をされているエージェント様。地方の採用のご支援も積極的に行なっている。

クラウドエージェント経由での決定実績:若手営業職、総務課長職他多数
https://www.funtofun.co.jp/

サービスに関する資料のほか、人材紹介ビジネスの
お役立ち資料を無料でご提供しています

ページの上部へ戻る